建築関係の就職口の探し方

CALENDAR

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

NOTICE

ガテン系の求人は引く手あまた

人手不足の建築業界 人手不足の建築業界、あらゆる業界で人手不足が叫ばれていますかその中でも建築業界は現…

READ MORE

建築系といっても働き方は多種多様

建築の求人と土木の求人の違い 建築も土木も同じ建設業であり、総合建設業という分類の会社も多いです。つま…

READ MORE

建築関係の就職口の探し方

建築関係で働くメリットとデメリット フリーペーパーなどでも多くの求人を見かける建築の仕事ですが、建築関…

READ MORE

建築関係で働くメリットとデメリット

フリーペーパーなどでも多くの求人を見かける建築の仕事ですが、建築関係で働くにはどのようなメリットがあるのでしょうか。残業はあるの?給料は日払い?未経験でも大丈夫?など、転職や就職に悩んでいる方にもお勧めしたい建築の仕事のメリット、デメリットを紹介します。
まず求人でも多くみられる建築業のメリットは残業が少ないことです。建築の仕事は音が大きいので夜は作業できないために残業はほとんどありません。また、未経験でもOKな求人が多く、特別な資格が無くても応募することができます。
建築業でも一人親方の場合から会社勤めの建築業まで様々で、会社の場合は福利厚生もしっかりとし、保険や、年金などの面にもしっかりとされている会社もあります。賃金も良く、仕事を確保すればサラリーマン以上の金額も稼ぐことが可能な業界です。
また、デメリットとしては、見習の場合は賃金が安く、一人前になるまでは3~5年以上と言われています。そして重機や高所での作業などがある場合は怪我の危険性があります。雇用形態によりますが、ボーナスは無い場合がほとんどです。仕事を取ってこられないと安定した収入も望めない場合があります。
このように建築業界では個人で働いている場合から会社勤めの場合まで様々です。求人で建築関係の仕事を選ぶ場合は自分の求める条件に合った会社を見つけることが大切です。

建築の求人に応募する方法を紹介

安定所に置いてあるPCで建築、または建設と出ている所を選んで押します。すると、地域内で募集をしている建築業者の名前が沢山出てきます。給料や労働条件などが出ている所を見て、自身の働きたい場所と認識できたら紙を印刷し、受付のいる所へ持って行きます。受付にお願いすれば会社へ面接の手続きをしてくれます。落ちた時の予防策として、複数の業者の所へ面接へ行くことも可能です。
ただ、その場合は履歴書を複数用意する必要があるので、証明写真を多めに撮っておきましょう。飲食店や本屋の中には無料の就職情報誌が置いてあることが多いです。それを見ると、建築の求人の名前が載っている場合があります。仕事に興味を抱いた時は、本に出ている電話番号へ連絡をすれば面接に行けます。恐らく、どこで求人の情報を知りましたかと聞かれると思われます。その際は求人情報誌に出ていたと話せば納得してくれます。
ネットの求人サイトを探すと、建築関連の仕事が見つかりやすいです。今はどの企業もネットで宣伝活動を行っているため、複数の求人サイトに同じ名前が出てくることもあります。応募するには、まず働きたいと希望している建築会社の名前をサイト側に伝えます。そうすると、サイトの運営者が会社に対して面接希望者がいることを伝えてくれます。面接予定地は送られてくるメールに書かれているので、履歴書を所持して行けば面接してもらえます。

Copyright(C)2017 一生の仕事を求人で見つけるなら建築業界 All Rights Reserved.